疲れている時には色で癒されよう

疲れている時に、まず多くの人がすることとういと栄養のあるものを食べるということがありますね。そしてそれは、とても大切なことです。食事で元気になることができるし、実際に翌日の目覚めがいいと思ったりします。

そして私の場合は、疲れた時にライトで演出をすることにしています。疲れている時には、少し暗めのライトにするといいです。その時、玄関のライトをブルーにしています。すると、玄関を疲れた状態で入った時にほっとすることができるんですね。その色を見ると、ほっとしてちょっと疲れが楽になります。

また部屋の明かりについても、明るい色というよりも渋い色にしています。少し暗めで食事をしたりすると、気持ちを楽にすることができます。ライトは色は関係なしと思ったりしましたが大アリです。ライトの色により、疲れを癒すことができるのです。

レストランで暗めのライトにしているのは、そんな意味があるんですね。人は、疲れている時にはくらい色を好むと感じます。